kondo

近藤秀一、箱根駅伝へ

来年1月2日(水)・3日(木)に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝競走に、東京大学陸上運動部から近藤秀一選手(4)が、関東学生 連合チームのメンバーとして1区に出走します。

東大生が箱根路を走るの は、2005 年以来実に14年ぶり。

惜しくも出走が叶わなかった過去3年の思いを今、強豪校のトップランナーたちにぶつけます。

つなぐ襷は学生連合のものですが、選抜メンバーとしての矜持を胸に、 東大を代表して走る姿にご注目ください!

  出走区間:1区(大手町読売新聞社前~横浜鶴見中継所)21.4㎞

  2019年1月2日(水) 8:00スタート

kondosyuichi

近藤 秀一

東京大学工学部化学生命工学科4年。静岡県韮山高校卒業。

「東大で箱根を目指す」との思いの下、一年の浪人を経て入学。

2018年は陸上運動部の主将を務めた。

卒業後は大学院に通いながら実業団で競技を続ける。

好きな鍋は豆乳鍋。

4年間の道のり
学年出来事
1入部(2015.4)
箱根駅伝予選会(2015.10)学連メンバーの中で11番手、惜しくも出走を逃す
2箱根駅伝予選会(2016.10)学連10番手となるも、出走権は持ち越し
10000m挑戦会(2016.11)振るわず、再び出走を逃す
東京マラソン(2017.2)2'14'13。準エリートの部で優勝
3箱根駅伝予選会(2017.10)学連内トップ通過。その後記録会で出走確定
箱根駅伝(2018.1)インフルエンザにかかり、欠場
4箱根駅伝予選会(2018.10)学連内3位通過、出走確定
箱根駅伝(2019.1)いざ!!

四度目の正直へ  今、何を思う

三たび辛酸を舐めながら、遂に入部時の目標を遂げようとしている近藤。ここでは、レースが近づいた彼の姿を記したいと思う。

-11日前- (2018.12.22)

この日、彼は400mのインターバル走を、同じく学生連合に選出されている外山さん(上智大)と行った。小雨がぱらついていたが、終始軽快に練習をこなした。

近藤と外山さんの付き合いは長く、練習後には談笑しながら昼食をとった。

「予選会以降は継続して練習できています。あと2週間、身体と心を整えていきます。」と、さすがの貫禄。レースに向けて、視界は良好だ。

tokamae

-前日- (2019.1.1)


「4年間の想い、みんなの想い、すべて走りにぶつけてきます!」



いよいよ明日!!!

zenjitsu

-レースを終えて- (2019.1.4)

応援ありがとうございました!!

 結果: 1区(21.4㎞)…1時間7分8秒(区間22位相当)

悲願の箱根出走を果たした近藤。中盤に集団から離される苦しいレース展開となったが、新春の陽光に照らされて駆け抜ける近藤の姿は、光り輝いていた。

<近藤 コメント>

「人生で一番悔しいレースでした。どんな素晴らしい舞台でも、結果を残せないと心から楽しめないことを肌で感じました。また強くなって帰ってきます。」

oete

近藤に熱い声援をお願いします!!

私たち東京大学陸上部部員は当日、沿道に東大ののぼりを立てて応援します。

お越しになられた方は、淡青のジャージを着た部員にお気軽にお声掛けください。遠方の方も、是非テレビ中継をご覧になってください。

みんなで近藤選手の力走を応援しましょう!

<東大 応援場所>

   ・品川駅前(7.2km地点) ・・・8:20頃通過予定

   ・京急蒲田駅前(15.3km地点) ・・・8:45頃通過予定

   ・六郷土手(18.0km地点) ・・・8:55頃通過予定

※大手町スタート付近の応援場所は一般の方の入場が規制されておりますので、上の3か所の集団場所にお越しください

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走

往路 大手町読売新聞社前(1/2 am8:00)→箱根町芦ノ湖駐車場

復路 箱根町駐車場(1/3 am8:00)→大手町読売新聞社前

出場校 青山学院大学・東洋大学・早稲田大学・日本体育大学・東海大学・法政大学・城西大学・拓殖大学・帝京大学・中央学院大学・日本大学・駒澤大学・順天堂大学・神奈川大学・國學院大學・明治大学・東京国際大学・大東文化大学・中央大学・国士舘大学・山梨学院大学・上武大学・関東学生連合チーム

→箱根駅伝公式サイト